CTの特徴

当院では歯科用に特化したCT装置を完備しているため、
CT撮影のために他院へ足をお運びいただく必要がありません。
CTスキャン装置はお口の骨や神経の状態を立体的な3次元画像であらわすことができ、
平面的な2次元X線写真にくらべると画像が鮮明で情報量も多く、正確な診断と高精度な治療、経過観察が可能です。
治療の精度が向上することで再治療の頻度を飛躍的に減らし、治療時間も短縮できます。
医療用CTに比べると被ばく量が10分の1程度と非常に少なく、安全性が高いことも特長です。

CTスキャン装置を使った治療

根管治療

根管治療とは歯の根管についた細菌を取り除く治療です。CTスキャン装置を使った画像診断により根管の複雑な形状や病巣の広がり方などを把握することで、治療の精度が飛躍的に上がります。

歯牙移植、インプラント

歯を失った際の治療の選択肢として、親不知など自分の歯を移植するのが歯牙移植、人工の歯根を入れるのがインプラントです。いずれも外科的手術が必要で、CTスキャン装置の画像診断により歯根の形や顎骨の大きさなどを詳細に把握します。

親知らずの抜歯

親知らずは神経の近くにある場合が多いため、抜歯の際、神経を傷つけてしまうリスクがあります。CTスキャン装置の画像診断により歯と神経、血管の位置を把握することで、抜歯の安全性が格段に向上します。

重度歯周病の診断

重度の歯周病の場合は外科的手術が必要となります。CTスキャン装置の画像診断により病巣の状態や歯根の形、顎骨の状態、神経や血管の位置などを把握することで、最適な治療計画が立てられ、高精度な手術が可能になります。