「親知らずが痛む」「歯茎が腫れている」「口が開かない」「顎を動かすとカクカク音がする」といった不調はありませんか。
歯(噛み合わせ)と顎関節、周囲の筋肉は密接に関係しているため、そのすべてを良好に整える総合的な治療をめざしています。
入院が必要な場合やより高度な手術、治療施設が必要な場合は地域の病院をご紹介することも可能です。

主な口腔外科疾患・治療について

親知らずの抜歯手術

「親知らず」とは一番奥に生える永久歯です。その形状には埋伏歯や半埋伏歯、歯根が変形しているものなどさまざまなタイプがあり、生え方が不自然だと虫歯や歯茎の腫れの原因となります。抜歯が必要なケースと必要ないケースがありますので、医師にご相談ください。

顎関節症の治療

顎関節症は顎の関節を動かすと痛みや雑音が発生し、顎がスムーズに開かないといった症状がでる病気です。生活習慣に原因やきっかけがあり、生活指導だけで改善することも多くあります。また、薬物療法やマウスピースを使った保存治療、噛み合わせの治療、筋肉のマッサージ療法などが必要な場合もあります。

口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患には、身近なところでは口内炎やヘルペス性口内炎など、重症な疾患には白板症や紅板症などがあり、重症化したものは外科的な切除手術が必要な場合があります。病理検査による確定診断が必要な場合は、高次医療機関への紹介することも可能です。

小手術

インプラント手術、歯周外科手術(重度歯周病に対する手術)、歯根端切除手術(根の治療で治らない場合、根の先端を切断する手術)、骨隆起切除術(下顎骨隆起など、義歯の装着に障害のある骨隆起の除去)
小帯の付着異常に対する手術、歯の移植手術、外傷の縫合手術等。口腔内の小手術を行っております。